静かに生活したい人必見!賃貸物件で騒音に悩まされないために知っておくべきこと


建物の構造によって防音性能が全く異なる

賃貸住宅でよくあるトラブルの1つに騒音問題があります。隣や上の階からの物音のほか、駐車場のエンジン音など様々です。これらの騒音はご近所の方のモラルや生活習慣に左右される部分が大きいですが、建物の構造によって騒音の響き方に大きな差があります。軽量鉄骨や木造の場合、壁がコンクリートではなく石膏ボードなど軽い素材でできている為、防音性が低く、音や振動が伝わりやすいです。逆に防音性に優れているのはコンクリート造りです。窓やドアを閉めていれば、普通の生活で発生する程度の音は殆ど聞こえません。

建物がどの様な構造になっているかは、物件表に記載されているので、必ずチェックしましょう。ちなみに、木造や軽量鉄骨はそのまま表記されるケースが殆どですが、コンクリート造りはRCやSRCといった表記が多いです。また、建物名にも傾向があり、木造や軽量鉄骨の場合、コーポやハイツといった名前がついている事が多いので、こちらも確認しておくと良いでしょう。

周囲の建物や道路のチェックも忘れずに

騒音は建物の構造だけでなく、周囲の環境にも左右されます。特に気を付けたいのが学校とスーパー等の商業施設です。特に日中に家に居る事が多い人にとっては、子供の声や車の出入りする音がストレスになる事もあるので注意が必要です。また、大通りに面している物件では、夜間の車の走行音が気になる事もあります。逆を言えば、これらに近い物件は利便性が高いと言えますが、騒音が気になる人は避けた方が無難でしょう。

北見の賃貸物件の最寄り駅周辺には、市役所をはじめとした行政機関や銀行などが多くあり、各種手続きに便利な立地となっています。