賃貸物件を探している方は必見!優先項目に合わせた賃貸物件の選び方


立地条件が良い賃貸物件を選ぶ方法

立地条件を最優先に考えて賃貸物件を選ぶ場合は、最寄り駅までの最短ルートなど、事前にどの程度の時間を要するのかチェックしておきましょう。物件に記載されている情報が間違っていないか判断する事が目的です。また周辺の環境チェックも忘れずに行っておきましょう。例えばコンビニやスーパー、病院など生活する上で必要不可欠と言える施設が歩いてどの位の距離にあるか、小さい子どもがいる家庭であれば、近くに学校や保育園、公園などがあるかなど、重視すべき条件はあらかじめ決めておくと良いでしょう。さらに女性の方は、周辺に外灯が多いかなど治安の状況もしっかりチェックしておく事が重要です。

間取りを重視した賃貸物件の選び方

間取りを重要視している場合は、先の生活を考慮して選ぶのが良いでしょう。例えば小さな子供がいる家庭は子供が成長して学校に行くようになるとそれに伴って必要な物が増えてくるため、子供部屋や収納スペースを確保しておくなど子供の成長を考慮しながら間取りを選ぶ事が重要と言えます。一方、一人暮らしの場合、自分で料理をするのであれば、冷蔵庫や電子レンジといった家電製品の配置場所やキッチンのサイズを考慮しながら選ぶのが良いでしょう。

また引越しを契機に家具や家電製品など大きな物を買い替える場合は、あらかじめサイズを確認してから賃貸物件を内覧するのがおすすめです。荷物が全くない部屋は一見すると、とても広々と感じる事がありますが、「実際に家具や家電製品を入れて見ると案外狭かった」という声を聞くケースは少なくありません。

江別の賃貸物件を選ぶ際は、エリアごとの特徴を押さえておくことも大切です。複数ある大学の周辺エリアは学生向けの物件、小中学校の学区では家族向けの物件が多くなるので頭に入れておきましょう。